エプソン タワー型エントリーサーバー Endeavor SV1000画像

エプソン タワー型エントリーサーバー Endeavor SV1000

商品説明
SOHO・中小企業(30名クラス)向け
タワー型エントリーサーバー

上記は構成例であり、各種カスタマイズが可能です
お気軽にお問い合わせください

重要なデータを保管するファイルサーバーとして
・クラウドなどの外部にデータを保存せず、自社内の環境で運用したい方
・複数名で仕事を分担し、互いにデータを更新しながら業務スピードを高める

業務アプリケーションを動作させるサーバーとして
・インテル® Xeon® プロセッサーとECCメモリーで高速かつ正しいデータ出力を実現
・細部に至るまでサーバー向けのデバイスを使用、安定した長時間稼働で業務を止めない


基本仕様(各種カスタマイズが可能です。お問い合わせください。)
機種仕様 Endeavor SV1000
OS Windows Server 2019 Essentials(CAL付き 25ユーザー50デバイス)、Windows Server 2019 Standard(CALなし)、OSなし
から選択
CPU インテル® Xeon® E-2124G プロセッサー
(3.4GHz/最大4.5GHz、4コア/4スレッド、インテル® スマート・キャッシュ8MB)
インテル® Celeron® プロセッサー G4900
(3.1GHz、2コア/2スレッド、インテル® スマート・キャッシュ2MB)
から選択
ソケット LGA1151 Socket
チップセット インテル® C246 チップセット
UEFI AMI
メインメモリー/スロット 8.0GB/16.0GB/32.0GB(PC4-2666 DDR4 UDIMM ECCまたはPC4-2666 DDR4 SDRAM Non-ECC)から選択※1/DIMMスロット(288ピン)×4(同容量2枚1組で使用の場合、デュアルチャネルで動作)
*インテル® Celeron® プロセッサーを搭載の場合、2400MHz相当で動作します。
GPU CPU内蔵3Dグラフィックス
ビデオメモリー(VRAM) 最大4021MB(メインメモリー8.0GB時)、最大8117MB(メインメモリー16.0GB時)、最大16309MB(メインメモリー32.0GB時)
表示解像度※2 800×600、1024×768、1280×1024、1360×768(VGAのみ)、1600×900(ディスプレイポートのみ)、1600×1200、1920×1080、1920×1200[約1,677万色]
ストレージ※3 Enterprise HDD 2TB/4TB/8TB(シリアルATA 600MB/s、7200rpm、3基内蔵可能)
RAID RAID 1:Enterprise HDD 2TB/4TB/8TB(ソフトウェアRAID/ハードウェアRAID)
*消去禁止領域は約1GB使用します。
光ディスクドライブ※4 DVD-ROMドライブ 【読込】DVD-ROM:16倍速、CD-ROM:40倍速
*光ディスクドライブなし選択可能
ネットワーク機能(LAN) 1000Base-T/100Base-TX/10Base-T×2(I219LM/I210AT)
ネットワーク機能(IPMI) 1000Base-T/100Base-TX/10Base-T×1(BMC AST2500)
無線LAN※5 無線LANアダプターは単品オプションより購入可能
キーボード/マウス オプションから選択
インタフェース USB USB3.2 Gen2(USB3.1 10Gbps)×3(背面×3)、USB3.2 Gen2(USB3.1 10Gbps)Type-C×1(背面×1)、USB3.2 Gen1(USB3.0 5Gbps)×2(前面×2)、USB2.0×1(前面×1)
IEEE1394 -
LAN RJ-45×2
IPMI RJ-45×1
サウンド インテル® ハイデフィニション・オーディオ、背面:ライン出力×1、マイク入力×1
ディスプレイ出力 VGA:ミニD-sub 15ピン×1、DVI-I:28ピン×1(HDCP対応)、ディスプレイポート×2(HDCP対応)、マルチモニター:最大2画面
*アナログ信号(VGA)とデジタル信号(DVI、ディスプレイポート)の同時出力は拡張表示のみ可能です。
*デジタル信号(DVI、ディスプレイポート)の同時出力はクローン表示のみ可能です。
その他 キーボード:USB端子を使用、マウス:USB端子を使用、シリアル:オプション搭載可能D-sub 9ピン×2、背面スロットを1スロット使用
ドライブベイ 3.5型×4、5.25型×2*空き数は構成により変化
拡張スロット※6 PCI Express x16:1、PCI Express x4:2(各ボード長312mmまで)
マルチカードリーダー -
セキュリティー機能 インテル® PTT(TPM2.0)、セキュリティーロックスロット
主な付属品 リカバリーメディア、マニュアル類、電源コード
*ドライバー類は付属していません。再インストールをする際は事前にダウンロードしてください。
外形寸法(幅×奥行き×高さ) 約180.0×405.0×368.0mm(突起部除く)
梱包箱寸法(幅×奥行き×高さ) 約514×419×368mm
本体質量 約9.2kg
電源 AC100V±10%(50/60Hz)(入力波形は正弦波のみをサポート) 容量:350W
消費電力※7 最大定格出力時約426.8W(理論値)/最大構成時約98.2W/通常時約25.2W/スタンバイ時(スリープ時)約4.2W/電源OFF時約3.6W
待機時動作音※8 約31dB
関連規格 高調波電流規格適合、VCCIクラスB適合、電気用品安全法適合(電源コード)
省エネ法に基づくエネルギー消費効率※9(目標年度2021年度) 第1区分 11.1
動作環境 動作温度:10~35℃、動作湿度:20~80%(結露しないこと)
標準保証 3年間無償 翌営業日訪問修理(サーバー本体)
※1 メインメモリーの一部をビデオメモリー(VRAM)などで使用するため、OS上のメモリー容量は少なく表示される場合があります。
※2 本体に搭載されたGPUの出力解像度であり、接続するディスプレイやOSの仕様によっては表示できない場合があります。
※3 ストレージの容量は実際に使用する場合、使用環境(OS、フォーマット種類など)により表記容量が異なります。ストレージの表記容量は、1GB=1000MB換算値です。1GB=1024MB換算した場合は、表記容量よりも小さくなります。
※4 楕円やカートリッジタイプなど通常と異なるメディアは使用できません。
※5 心臓ペースメーカーなどの医療機器からは22cm以上離してご使用ください。また、電子レンジ付近の磁場、静電気、電波障害が発生するところでは使用しないでください。環境により電波が届かない場合があります。無線LANではセキュリティーの設定をすることが非常に重要です。
※6 形状によっては取り付けられない場合もあります。
※7 最大構成時は、本製品発表時の最大構成にて消費電力が最大となる動作状態で計測した値です。発売後、仕様、構成の変更により値が変わる場合があります。その他の値は、代表的な部品構成での測定値です。値は利用状況/部品構成により変化します。通常時は起動15分後のOS待機状態です。
※8 基本構成におけるWindows待機時(ISO7779準拠オペレーターポジション)に測定しています。また、数値は製品の個体差および構成により変わることがあります。
※9 エネルギー消費効率とは、サーバ型電子計算機の場合は、中央演算処理装置、補助記憶装置および主記憶装置の消費電力あたりの性能を幾何平均して得られた数値です。